働くとは

 先日、大学のキャリア室にて、様々厳しい言葉を受けた。(と認識している)

あの部屋の人々は、具体的な成果物をもって、それを基盤に話さなければ単なる説教となるあたりはどうにかしたほうがいいと思われる。しかし、部屋の役割はそういったものだ。文章、思考、行動、あらゆる点で主観的にならざるを得ない学生に対して、客観的な視点を与えることこそが彼らの役割であるとともに、私らも客観的な視点を彼らに求め、あの部屋を訪ねているのだから。

 当日の私は、まさしく「根拠ない驕り」「甘え」等といった俗物の極致を体現する様態で、まさしく就活生の「クズ」といった趣であった。初登場した相談員を前に、割合無表情で、なぜかふてくされた態度であった。「そういった意見もありますよね」などといった心境で、話半分に言葉を聞くだけだった。

 しかし、ただ一つだけ印象的だった問いかけが「あなたにとって働くとは何ですか」この質問は、初の内定先の最終面接でも受けたものだった。その時の私の答えは「仲間とともに活躍し、自立して生きていくこと」などとと答えた。さらにその理由として、「親が病気で働くことができない。一日中家にいて、人と出会うことができない。そういった姿を見て、働くことで人は健康に生きていけるのだとと自覚した」と答えた。続けて、「私が働く理由は、仲間とともに成果を出して、自分自身豊か生きていくこと」と伝えて内定を頂いた。この意見が受け入れられたのかはわからない。しかし、生きるためには働くことが大きな要件であると、自覚しているのは事実である。このときのことを思い出して、さらに過去のことに思い至った。

 実はこの質問は、昨年の10月にも受けたことがある。当時はまだ3年生で就職準備の総仕上げの時期であったろうか。学内で開催されたある化学業界最大手の企業の説明会に参加した。わずか7人という少人数で、1人ずつ質問を受ける場面もあった。

 「あなたが働く理由は何ですか?」

 この質問に対する私の答えは「次の段階に進まなければならないから」であった。そして、この答えに対する人事担当者の返答は「測定不能」であった。

 実はこのときは「就活解禁前」であったこともあり、この担当者は質問の意図をわかりやすく解説してくれた。この担当者が論理の枠としたのは、心理学者マズローの「五段階欲求説」であった。これによると人間の欲求は、最も低次である「生理的欲求」に始まり、最終的には「自己実現」に至るものであった。人は、この欲求に従い生きていくことで、人間らしい生き方を遂げることができるというのがこの説の要旨だった。そして、この担当者が述べたことによると、「働く理由」を尋ね、得られる答えをもって、この欲求に合わせてその学生がどういう段階にあるかを分析することができるそうだ。

 わかりやすく、学歴を指標にすると、

 京都大学の学生は「自己実現」の段階、すなわち最上位を突いてくる。このついてくるというのは、たとえば「社会貢献」が言葉だけでなく、続く質問で具体的な意味・内容まで示すことができ、人事を納得させられる場合である。このような学生を多くとることは、組織の安定感や発達につながるが、残念ながらステップアップの過程で企業を去ることも多い。上から第二段階、「承認・尊敬の欲求」の学生も、上位大学に多い。しかし、この場合も失敗や昇進の問題で去っていくこともある。

 この優秀すぎて去っていく、というのがくだんの担当者が所属する大企業の人事部にとって大きな課題であるとのこと。そして、すべてこういった学生を選ぶこともできるが、それでは危険。少しは、第三段階の学生を取ることで、組織の持続可能性を補強できるのではないかとの発想があった。すなわち私大に多いのは、所属と愛の欲求。何らかの組織に身を置きたい。と望み、割合組織にとっていい影響をもたらす。また、優秀さの上限が企業にとって都合よく、決して簡単には去ろうとしない。まさに安定的な人材を企業は数人求めているそうだ。

 長々とわかりにくい回想をしてしまったが、まとめると自分の考え、意見が欲求階層のどの段階にあるかといった見方で自己分析をすることも、決して無駄ではないと考える。もちろん、指標を「絶対的」にとらえると、これまた発言に人間味が失われ魅力がなくなるが、少し考えを発露してみて、さーどうだろ。と見直してみたときにほんの少しでも意識したほうがいいのかもしれない。

 私の考えを分析すると、時折「安全の欲求」や「生理欲求」を押さえつつ、自己実現欲求に当たる答えを述べている。しかし、その自己実現欲求について、詳しく具体的に話すところに難を抱えているというのが現状ではないだろうか。

 私は思うに、これら五段階の要素をうまくおさえた答えができれば、悪い結果になることはないのではと思っている。なぜなら、すべての段階は下の段階を包摂することで成り立っているというのがマズローの説の私なりの解釈であるからだ。

 何はともあれ、明日の面接の準備を進めていく。