一次に合格。

 

最近、対策の合間を縫ってお笑い動画を見ている。明石家さんまの最近のレギュラー番組、向上委員会。

 

明石家さんまの姿を見てると、「さんま政権」という言葉が浮かんでくる。

さんまといえばお笑いBig3の一角であるが、彼らを比較すると、2014年のいいとも終了を分水嶺タモリ・たけしとさんまの間には大きな性質の違いが生じている。

 

カノッサの屈辱的に言えば、

1990年代までに「お笑い三頭政治」最盛期を迎えたが、2010年代後半に三頭政治は終焉。さんまのみが帝政を敷くこととなったといったところか。

現実戻り

中堅・若手芸人との一線級の絡みができるのはさんまのみ。

そして、さんまは中堅・若手に対してはお笑いの首相といってもいい地位に見える。

いつ引退するのか。